本文ヘジャンプします
修景施設> パブリック・コンテナ> メリット

パブリック・コンテナ

メリット

工場にて制作が完了しているため工期が短い!


設置場所にてゼロから工事を行う「在来工法」や、部屋ごとに完成させて設置場所で連結するコンクリート製のユニットなどとは異なり、コンテナモジュールのフレームから外装、内装、電気・給排水衛生設備機器まで工場にて制作・取付けまでするため、設置場所では運搬した施設をアンカーボルトで固定するだけです。

※施設によっては、配管・配線の接続や土間コンクリート工事などがあります。
※仕上げ材によっては設置場所にて仕上げを行う場合があります。

コンテナ・モジュールなので陸送が可能!


「パブリック・コンテナ」シリーズは、文字通りコンテナ(海上コンテナ)のモジュールで製作されているため、完成した施設をトレーラーに載せ、街中を走るコンテナと同じような形態で製作工場から設置場所まで運搬することができます。

ラーメン構造なので自由な発想で設計することができます!

「パブリック・コンテナ」シリーズは、鉄骨の建築物と同様、柱や梁をJIS規格の鋼材で製作し
構造計算により強度を確認しているため、内蔵構造は自由にアレンジすることが可能です。
例えばトイレの場合なら、多目的スペースの有無や各部屋の大きさや位置などを変更できます。
また設置場所の諸条件に合わせることも可能となります。